多賀多目的運動場の避難施設となる管理棟の屋上を視察する吉野復興相(手前)。左隣は小林市長

 吉野正芳復興相は4日、東日本大震災からの復興状況視察のため就任後初めて来県し、青森県八戸市の館鼻岸壁や津波避難施設の機能も持つ同市市川町の多賀多目的運動場などを訪れた。視察後、吉野復興相は「最後の1人の被災者まで支援を続ける」と復興支援に取り組む姿勢を強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)