第101回全国高校野球選手権青森大会は第5日の13日、青森市営、八戸市長根公園、六戸メイプルの3球場で2回戦6試合を行った。弘前南は私立のシード校・八工大一から先制点を奪うと、終始リードする展開で5-3で逃げ切った。雨天順延で再試合に臨んだ青森山田は三本木農に9-1で七回コールド勝ち。八学光星、大湊もそれぞれコールド勝ちしたほか、青森商、三沢商もベスト16に進んだ。大会第6日の14日は、同じ3球場で2回戦6試合を行う予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。