原子力規制委員会による日本原燃・六ケ所再処理工場の安全審査で、原子力規制庁は12日、八甲田などを噴出源とする火山灰や出戸西方断層に関し、現地調査を検討していることを明らかにした。同日の審査会合は火山灰の影響などを議論。原燃による出戸西方断層周辺の地質調査の結果を含め、さらに審査会合を経た後に現地調査の必要性を判断する見通し。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)