空き缶を使いブナコの成形作業に挑戦する児童たち

 青森県弘前市とBUYひろさき推進本部は本年度から、地元生産品に触れる機会を増やし次世代の担い手を育成しようと、市内の小中学生などを対象にしたワークショップを行っている。11日は、裾野小学校(山口祝一校長)の5、6年生22人が西目屋村の「ブナコ西目屋工場」で青森県で生産される木工品「ブナコ」の製作体験をした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。