シカゴ市長の親書を小野寺市長(左から2人目)に手渡し、笑顔を見せるジーンさん(同3人目)、キャノンさん(同4人目)。左端は中村実行委員長=12日夜、青森市の新中央埠頭特設会場

 青森市のベイエリアで行われる夏の恒例イベント「安潟(やすかた)みなとまつり」(主催・同まつり実行委、青森商工会議所青年部)が12日夜、新中央埠頭(ふとう)特設会場で始まった。30回目の節目を迎えた今年は、開催場所を従来の青い海公園から移して規模を拡大。全国の有名店を集めたグルメブースやスポーツアトラクション、一流ミュージシャンが参加する「ジャパンブルースフェスティバル」(13日)、県内初開催の大型野外音楽フェス「a-nation(エー・ネーション) 2019」(20日)などイベントがめじろ押しで、21日までの期間中は熱気に包まれそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。