セブン&アイ・ホールディングス(HD)は12日、セブン―イレブンで使えるスマートフォン決済サービスを手掛けるセブン・ペイに対し、金融庁から資金決済法に基づく報告徴求命令が出されたと明らかにした。セブン・ペイが1日からサービスを始めたスマホ決済「7pay(セブンペイ)」で、第三者による不正利用が発覚していた。

 セブン&アイHDは「真摯に受け止め、対応していく」としている。セブン・ペイは不正利用を受けて新規登録や入金を停止した。成り済ましを防止する「2段階認証」がないなどセキュリティーの甘さが指摘されている。

(共同通信社)