尻屋埼灯台(青森県東通村)の改修工事が完了し、一般公開が13日から再開する。建設当時の明治期の姿とみられるれんが壁を透明のアクリル板で覆い、見学できるようになった。参観業務を担当する公益社団法人「燈光会」は、11月4日までの公開を予定している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)