小田さん(中央奥)宅の倉庫で、ニンニクの根・茎を切る作業を体験する参加者ら

 農業の労働力不足が深刻化する中、人手確保に悩む生産者と、短時間でも働きたい-という人をつなげようと、青森県内で取り組みが進んでいる。県は昨年度に続き、農作業の経験がなく不安を感じている人向けに、研修の場となる「青天(せいてん)農場」を本年度も県内各地に設置した。即戦力を求める生産者側のニーズにも応えることができるとされ「気軽にできる作業があると知ってもらえれば」と生産者から期待がかかる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。