【パリ共同】フランスの捜査当局は11日、自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン前会長が2016年にベルサイユ宮殿で結婚披露宴を開く際に会社資金を不正使用した疑惑などの捜査で、パリ近郊ブローニュビヤンクールにあるルノー本社を10日に再度、家宅捜索したと明らかにした。地元メディアが伝えた。

 当局は3日にルノー本社を捜索したばかり。押収した資料からゴーン前会長のアシスタントが特定され、追加の捜索を行ってパソコンや携帯電話などを押収したという。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む