犬の世話をするアイペットの新入社員=6月中旬、青森市宮田の県動物愛護センター

 ペットを飼っている多くの家庭にとって、動物たちは癒やしを与えてくれる家族同然の存在。だが、病気やけがで治療を受ければ、医療費は高額となりがちで、請求額の高さに驚いたという飼い主も。こうした状況の中、金銭的負担を軽くする「ペット保険」の需要が青森県内でも高まっている。同保険を取り扱う会社は全国15社で、中には従来の保険適用申請に必要な手続きが簡略化できる商品もある。同保険関係者は「人間と同じように、ペットにも『万が一の備え』という意識を持ってほしい」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。