見本を確認しながら合掌土偶を制作する参加者ら
アクセサリーなど細かい部分の説明をする学芸員の佐藤ちひろ主事

 青森県八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館で6日、体験教室「八戸の国宝をつくろう!」が開かれ、参加者らが合掌土偶を制作した。参加者らは、背中の角度や、手の置き位置など、見本を細部までじっくり観察し、「自分だけの国宝」を目指した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。