送り絵(中央の部分)とその両脇の袖絵を制作した島さん(右)と安西さん

 京都を拠点に2人で活動する絵描きユニット「だるま商店」が、今年の新作大型立佞武多(たちねぷた)「かぐや」の裏面に設置する送り絵や袖絵などを制作した。十二単(ひとえ)姿のかぐや姫が貴族から求愛を受ける場面を色鮮やかに描いており、8月4~8日の五所川原立佞武多祭りで観客の目を引きそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。