パワーアシストスーツを着用し、着陸した航空機の荷物を運ぶ従業員

 三八五観光(青森県八戸市、泉山裕社長)の三沢空港営業所は同空港での手荷物・貨物の積み卸し作業に、力仕事を補助する「パワーアシストスーツ」を導入した。米国人客の重い手荷物が多い中、従業員の負担軽減と作業効率向上につなげる狙い。10日、作業の模様を報道陣に公開した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。