青森県議選を巡る現金買収事件に端を発した三戸町議補選(16日告示、21日投開票)を前に、町選管は10日、立候補予定者を対象にした届け出書類の事前審査を行った。町内には欠員「10」の枠を満たせるか心配する声があったが、この日は元職1、新人14の計15陣営が出席、選挙戦の公算が高まった。三戸の新生を掲げる立候補予定者たちは「町を変える」「金権体質と決別する」と強い思いを口にした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)