営業休止中の銅像茶屋(左奥)の敷地内に設置された簡易トイレ=10日午前

 八甲田山中を貫く県道青森田代十和田線沿いにある食堂兼土産物店「銅像茶屋」の営業休止の余波で、敷地内の公衆トイレも閉鎖状態となったことを受け、青森市は10日、簡易トイレ2基を新たに設置した。店の営業再開のめどは立っていないが、夏の観光シーズンを前にドライバーらの利便性に配慮した形だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)