プログラミングの学習で、車のロボットを動かす子どもたち=3日、六ケ所村千歳平小学校

 論理的思考を育むプログラミング教育が全国の小学校で2020年度から必修化となり、算数、理科、総合などの授業の中でコンピューターを意図通りに動かす学習が始まる。青森県内では、県教育委員会の推進リーダーとなった教員が、それぞれ授業のアイデアづくりを進め、必修化に備えている。ただ多くの学校にとって初めての取り組みで、プログラミングを教える人材の不足や地域差が全国的な課題として浮かび上がっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)