赤~いりんごを使った加工品。赤い果肉の色合いや栄養面の機能性を生かした飲料や菓子、乾麺など多彩な商品がある(中央のリンゴはサンプル)

 リンゴの花の色といえば白と相場が決まっている。ところが、青森県五所川原市の特産品「赤~いりんご」は、赤い花が咲き、果肉も赤いという珍しい品種。この特性を生かした商品や誘客イベントが次々に誕生している。

 赤~いりんごには品種がいくつかあり、代表格は「御所川原(ごしょがわら)」。その名の通り、地元の農家が1939年から20年以上かけて育種に取り組み、96年に市が改良を加えて品種登録にこぎ着けた、いわば「ご当地リンゴ」。中心街近くの一ツ谷地区には、観賞用に植えられた約1キロの並木がある。

 知名度が高まるにつれ、地場産品に活用する動きも活発化し、お菓子やジュース、ジャム、麺類、アルコール飲料などが次々に発売された。この春には、赤~いりんごの珍しさに着目した酒類大手の宝酒造(本社京都府)が、地域限定の酎ハイを売り出した。

 同市の企業組合でる・そーれは、津軽鉄道本社1階にあるカフェで赤~いりんごの生果やジュース、ソフトクリーム、ジャムなどを販売するだけでなく、生産者の園地を訪ねる花見・収穫体験も実施している。

 同組合の辻悦子理事は「首都圏から訪れる方々からも『赤~いりんごの花がかわいい』と好評。参加者と生産者が一緒にお弁当を広げながら、ゆったり語らえる。そんな交流の場を増やしたいですね」と意欲的だ。

【関連リンク】うまい森青いもり