津波の映像が流れるスクリーンの前で足を止める子どもたち

 青森県八戸市が同市湊町の館鼻公園内に整備を進めてきた「みなと体験学習館」が6日、オープンした。公募によって決まった施設の愛称は「みなっ知(ち)」。初日から大勢の家族連れらが訪れ、郷土の歴史や東日本大震災の津波被害などを伝える展示に見入っていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。