青森駅に停車中のDE10形機関車=4日(JR青森支店提供)

 約半世紀前に製造され、青森市のJR東日本の車両基地で入れ替え作業などで活躍したディーゼル機関車「DE10形」1両が、仙台市の貨物鉄道「仙台臨海鉄道」に譲渡されることになり4日、青森駅を出発した。JR東日本の車両が仙台臨海鉄道に譲られるのは初めてで、JR青森支店は「当社の車両を有効利用いただければ幸い」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)