八戸市の陸奥湊駅前地区。将来的な再整備へ向け、地元商店街関係者らが協議会を設立した

 青森県八戸市のJR陸奥湊駅前地区の再整備へ向け、地元商店街関係者らが25日、まちづくり協議会を設立した。同地区は県道沿いに市場や海産物問屋などが立ち並び、みなとまち八戸の魅力を伝える観光スポットとして人気を集める一方、市場の老朽化が進み、新たなまちづくりが課題となっている。かつて開発計画が合意に至らなかった経緯もあり、まずは市条例に基づく「まちづくり計画」を策定し、将来的な再整備につなげる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。