このところ、わさおは右前足に包帯を巻いでおります。

指の間に出来物があって、歩くときに痛そうだったので病院で診察の上、切除してもらったのです。

わさおの前足トラブルはこれまでにもちょいちょいありました。わさお専門家(?)の間では「前足問題」として知られていた現象でもあります。

例えば、ここのこの記事なんぞ… うぇ〜い→とほほ〜ん(2015年7月8日)

この後も、前足指間に血豆的なものが出来てはつぶれつぶれては出来てを繰り返しており、その都度断続的に治療も継続していたのですが、今回はいままでとはちがって、いわゆる肉芽腫的なものになっていたのです。

で、もって、切除&摘出。ビー玉サイズくらいの大きさ。

でも、わさお的にはとってもらったほうがすっきりだったようで…

病院おわって、さぁ帰ろうぜって時のわさおの顔…

そんでもって、がんばったご褒美に当然の権利行使としてかぶりつく、わさお…

そして、「足りぬ!もっとよこせ!」と哀愁たっぷりに要求するわさお…

んじゃ、もう一個な、とか情にほだされたら、
どさくさまぎれにオレの指までくっちゃってる、わさお(^^;)

(お互い間合いがわかっているので痛くないです。ご心配なく!)

うむ、大丈夫だからもちょっとくれ・・・的な。

ま、そんなこんなで…

そこそこ散歩も普通にしている。治りも順調とのこと。

とはいえ、まだ傷口が塞がったわけではないので&わさおが包帯を自分でほどいちゃうので、連日病院通いで消毒&治療&診察をしております。

よって、いつもよりもわさおの不在確率が高くなっています。

居なかったらごめんなさい。

上は、ごめんなさいのポーズ。(寝てるだけじゃんって指摘は野暮よ!)

あ、ちなみに切除した出来物は検査の結果…悪いものではございませんでした!

とにもかくにもひとあんしん。

ま、そんな感じの今日このごろ。