第73回県俳句大会 8月25日 櫂未知子氏を迎え

 東奥日報社と東奥日報文化財団は8月25日、「第73回青森県俳句大会」を青森市堤町1丁目のリンクステーションホール青森で開きます。特別選者に、俳句同人誌「群青」共同代表の櫂未知子(かい・みちこ)氏を迎えます。

特別選者 
櫂未知子氏

 

 


 

 

 櫂氏は1960年北海道余市町生まれ、東京都在住。俳人協会理事、日本文藝家協会会員。句集に「貴族」(中新田俳句大賞受賞)、「蒙古斑」、「カムイ」(俳人協会賞、小野市詩歌文学賞受賞)があるほか、「季語の底力」(俳人協会評論新人賞受賞)、「季語、いただきます」「俳句力」「食の一句」など多数の著書があります。NHK・Eテレ「NHK俳句 俳句さく咲く!」の2017、18年度選者などを務めました。
 当日は「おいしい俳句」と題して記念講演します。

●大会要項
 ◇日時 8月25日(日)午前10時から
 ◇会場 リンクステーションホール青森5階大会議室
 ◇会費 3千円(昼食代含む)、高校生以下無料(昼食付き)
 ◇特別選 「夏季雑詠」(1人1句)櫂未知子氏選
 ◇宿題 「打水(うちみず)」=中村しおん、南美智子、松宮梗子、関礼子、千葉禮子、高橋千恵、能登谷明子、野村英利、西谷是空、畑中とほる、後藤岑生、日野口晃、三ケ森青雲、吉田紅一の14氏共同選
 ◇投句 未発表の作品に限ります。はがき大の紙を2枚使用。うち1枚に特別選1句、もう1枚に宿題1句を、必ず楷書で書き、紙の右上にそれぞれ特別選、宿題と表記。どちらか1枚の裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、懇親会の出欠を明記(学生の場合は学校名、学年も)。大会会費(郵便小為替)を添えて、郵便番号030─0801、青森市新町2の2の11、東奥日報新町ビル2階、東奥日報文化財団「県俳句大会係」宛てにお送りください。応募用紙は同文化財団ホームページ(https://www.toonippo.co.jp/feature/z─bunka)からもダウンロードできます。問い合わせは同文化財団(電話017・718・5115)へ。
 ◇締め切り 7月25日(木)必着
 ◇席題 当日2題を出題(各題1人1句)。選者は吉田千嘉子・対馬迪女・金田一一子・小野寿子、木附沢麦青・泉風信子・草野力丸・木村秋湖の8氏による4人一組共同選
 ◇賞 当日の出席者を対象に採点し、総合1位に県知事賞、2位に県議会議長賞、3位に県教育長賞、ほか20位までの上位入賞者に賞品を贈ります。入賞作は東奥日報紙上と東奥日報文化財団ホームページに掲載します。
 ◇懇親会 大会終了後、櫂氏を囲んで開きます。会費千円。

◎ 第73回県俳句大会投稿用紙(PDF)