出張スーパーで買い物をする袰月地区の住民。店員と会話が弾み、「店内」はにぎやかだ=16日
野菜などが並ぶ出張スーパー。置く商品は毎回変わる=16日

 高齢化率青森県内トップの今別町袰月地区で昨年末から、住民が中心となり、集会所で出張スーパーを開いている。袰月の高齢化率は町平均の50%をさらに上回る70%超で、車の運転ができない人も増え始めた。買い物支援だけでなく、普段は家にこもりがちな高齢者が外に出るきっかけにもなっており、袰月のにぎわいに一役買っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。