お披露目された「菅江真澄古道」を歩く根深さん(手前)ら=西目屋村

 青森県弘前市の市民団体「津軽百年の森づくり」(根深誠代表)と西目屋村などが昨年から進めてきた「菅江真澄(すがえますみ)古道」の整備が完了し24日、お披露目された。江戸時代の紀行家・菅江真澄(1754~1829年)が暗門の滝を訪れた際に通ったとされるルートの一部を再生、既存の歩道と合わせて新たな登山道にした。25日に暗門の滝への遊歩道が開通する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。