南部町ジュノハート生産者部会が製作したオリジナルの販売専用箱
サクランボの県産新品種「ジュノハート」(右)。一般的な佐藤錦と比較しても、粒の大きさが際立つ

 青森県内一のサクランボ収穫量を誇る南部町の生産者部会が、県産の新品種「ジュノハート」の専用販売箱を独自に製作した。29日にデビューする最上品ブランド「青森ハートビート」以外でも、味や大きさが十分楽しめる自信の品を、各農家が箱詰めして販売していく。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。