青い目の人形・レイワちゃんとの記念撮影に臨む児童たち

 青森県内に現存する10体目の「青い目の人形」と判明し、野辺地町に寄贈された「レイワ」ちゃんの歓迎会が24日、野辺地小学校で開かれた。町内3小学校の児童や中谷純逸町長、一般町民ら約400人が集まり、人形に込められた国際親善や平和の大切さを、あらためて胸に刻んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)