「青森県民の醤油」を使ってドレッシングを作る参加者

 東奥日報社の女性倶楽部「女子○(ジョシマル)」は24日、青森県十和田市の上北農産加工で、同社協賛の体験イベント「青森県産食材がてんこもり!源たれ&サバ缶のクッキング講座in十和田」を開いた。会員ら24人が、看板商品「スタミナ源たれ」の製造工程を見学したほか、サバ缶を使ったメニューを味わい、県産食材の魅力を堪能した。

 参加者たちは、源たれのベースとなるしょうゆの原料倉庫や機械化された瓶詰めの製造ラインなどを見学。「しょうゆの原料の大豆、小麦は100%県産のものを使用するなど、県産にこだわっている」という説明に聞き入っていた。

 見学後は、3月に発売された「青森県民の醤油」を使ったドレッシング作りを体験。しょうゆと酢、青じそ液を混ぜ、さっぱり味に仕上げた。ランチではイベント協力企業の食品加工会社・宝幸(本社東京)八戸工場で製造したサバ缶と源たれを使った卵とじやそぼろなどを味わった。

 十和田市の斉藤昭子さんは「源たれがどんなふうに作られているのか、県産の原材料へのこだわりなどを知ることができた。源たれ以外の商品も使ってみたい」と話していた。

【関連リンク】ジョシマル