よさこい津軽20周年を記念したオリジナル曲と共に、合同演舞を披露する参加者=23日午後3時半ごろ、弘前市土手町

 青森県内外のよさこいチームが競演する「よさこい津軽」が23日、弘前市の土手町通りで開かれた。20回目となる今回は、県内、岩手県、福島県の25チームの踊り手約550人が全力で熱い演舞を披露。沿道に集まった2万人(主催者発表)は各チームに惜しみない拍手を送っていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。