山海の幸に恵まれた東通の食材と一緒に味わいたい村の地酒。「吟醸酒 祈水」(左から2本目)のラベルは越善靖夫村長が自ら筆を執ったという

 下北半島の北東端に位置する東通村は、能舞(国重要無形民俗文化財)や田植え餅つき踊り(青森県無形民俗文化財)などの芸能が、村人によって大切に受け継がれてきた土地。村が誇る地酒「祈水(きすい)」の銘には、厳しい北国の暮らしに耐えてきた先人たちと、豊かな山海の幸に宿る神々への感謝が込められている。

 祈水は村内だけで販売される地域限定ブランドとして2005年に誕生した。吟醸酒と特別純米酒がある。村にある約1億5千万年前の地層から湧く「ジュラ紀湧水」と、地元産の酒米「駒の舞」が原料に使われる。

 造っているのは本州最北の醸造所・関乃井酒造(むつ市)。東通村にちなんだ銘柄では「寒立馬」「能舞の郷」も手掛けている。祈水について、関勇蔵社長は「地元のコメと水がバランスよく調和した酒で、当社への問い合わせも多い」と人気ぶりを話す。

 一般的に、金属イオン含有量が多い硬水の酒は酸度が強めで辛口、逆に軟水の酒は軽やかな口当たりになる傾向があるとされ、軟水に区分されるジュラ紀湧水を使った祈水は、すっきりした飲み口で料理を選ばない。

 村関係者は、新・ご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重(ヒラメ重)」をはじめ、東通牛や東通十割そば、ブルーベリーなど地元の食にマッチする地酒として売り込みに力を入れている。

【関連リンク】うまい森青いもり