掘削調査に向け、準備が進められている下風呂地区の現場=21日午後2時半すぎ、旧下風呂小学校校庭

 青森県風間浦村下風呂地区で出力2千キロワット級の地熱発電の事業化を目指しているオリックス(本社・東京)は21日、同地区の旧下風呂小学校の校庭で、地質や地下構造を調査するための「掘削調査」の安全祈願祭を行った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)