アンニュイな表情をたたえた女性。意味ありげな視線をこちらに投げ掛ける女性。盛田文吾さん(43)=七戸町出身、東京都在住=が5月、東京・表参道の「GALLERY KOWA」で開いた個展会場には、多種多様で魅力的な表情の女性を描いた絵画十数点が並んだ。

 女性をモチーフにした作品が多い理由を「未知の存在だから」と冗談めかす。近年はイタリアやロンドンなど海外の企画展に出品することが多く、国内での個展は久々だった。「アートというと難しいと思われがちだが、もっと気軽で、身近にあるものでいい。かっこいいな、とか、きれいだな、と直感的に感じてもらえたら」