手を目いっぱい伸ばし、サクランボを摘み取る園児たち=21日午前、南部町高瀬

 青森県内は21日、内陸部を中心に気温が上がり、汗ばむ陽気となった。サクランボの県内一大産地である南部町の観光農園では、22日から始まるサクランボ狩りを前に記念イベントが行われ、招かれた子どもたちが初夏の爽やかな甘みを存分に味わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。