青森県がん・生活習慣病対策課が今月、県内の肝炎患者に送った「肝炎治療受給者証」の更新手続きの文書に、申請書の氏名の記入例として「青森 肝炎」とあり、患者側が不適切と抗議している。蛯名勇登課長は19日、東奥日報紙取材に対し「完全に配慮が足りなかった。患者さんやご家族に不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳ない」と謝罪。記入例については「即刻、改める」としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)