国立病院機構弘前病院(342床)と弘前市立病院(250床)が統合し2022年に開院する予定の新中核病院(青森県弘前市)が、初診時に紹介状がない場合、5千円以上の追加負担(選定療養費)を徴収することが分かった。新病院が450床規模となり、国の制度の対象となるため。19日、弘前市議会一般質問で市側が説明した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)