弘前市議会は18日、一般質問を行った。利用低迷が続く弘南鉄道大鰐線について市側は、同線の社会的価値が単年度で5500万円程度と算出した調査結果を公表し、存続に前向きな姿勢を示した。野村太郎議員(創和会)、一戸兼一議員(弘新会)の質問に答えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。