「青森ハートビート」の専用箱。中に入っているのはサンプル

 青森県がブランド化を進めるサクランボ新品種「ジュノハート」のうち、大粒の上位等級品「青森ハートビート」が29日、県内デビューする。販売に先駆け県は18日、ふたにロゴマークを刻印し、オリジナルのピンクをあしらった専用の化粧箱(横約9センチ、縦約6センチ、高さ約4センチ)を公表した。2粒ずつ入れ、1080円(税込み)で売り出す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。