太宰ゆかりの地で活動している人たちが連携の大切さなどを確認したパネルディスカッション

 青森県五所川原市金木町出身の作家太宰治ゆかりの地で継承活動などに取り組む関係者が集まり18日、「第5回太宰サミット」を同町にある太宰の生家「斜陽館」で開いた。出席者は太宰作品の魅力と業績をどのように伝えていくか、連携の在り方を探った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。