東京港で見つかったヒアリ=17日(環境省提供)

 環境省は18日、東京都江東区の東京港・青海ふ頭に落ちていたわらの束から、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」20〜30匹が見つかったと発表した。ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされ、国内での確認は今シーズン初めて。男性作業員1人が刺されたが、健康被害はないという。

 環境省によると、男性作業員は14日、青海ふ頭のコンテナヤード入り口付近にわらの束が落ちているのを発見。片付ける際にアリに手を刺され、わらの束に20匹以上いるのを確認したため、アリを殺虫処分し、東京都港湾局に連絡した。都は周辺に殺虫餌を置いた。18日になっていずれもヒアリの働きアリと判明したという。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む