彩り豊かな具材が目を引く「水玉ちらし寿司」
酢飯に具材を盛りつける「水玉ちらし寿司」を考案した高谷さん

 弁当箱のふたを開けると、カラフルな具材がぱっと目を引く。丸くくりぬかれたキュウリ、ミニトマト、ハムなどが酢飯の上にちりばめられている。一口食べると具材の食感が広がり、見た目も味も楽しい。「簡単にできて、ふたを開けて楽しくなるお弁当を作りたい」。青森県五所川原市の料理教室講師・高谷香織さん(48)が弁当の献立を考えていたときに思いついた「水玉ちらし寿司(ずし)」が、SNS(会員制交流サイト)で人気を集めている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。