日本銀行青森支店は17日までに、今年の大型連休(4月27日~5月6日)の青森県内の観光動向調査結果をまとめた。改元に伴い10連休というまとまった休みとなったことや、天候に恵まれたことなどから、各地の桜・春まつりの人出は計413万4100人で、前年を22.3%上回った。主要観光施設の売上高は前年比29.9%増となり、人出・売上高ともに2010年以降で最も高い水準となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)