初出勤を前に村教委の自席に着き、今後の予定などを確認する矢澤さん(左)

 リオデジャネイロ五輪日本代表でカヌースラローム男子カヤックシングルの矢澤一輝さん(28)=長野県出身=が青森県西目屋村に移住し、11日から村の臨時職員として新生活をスタートさせる。村教委でカヌーの振興などに携わりながら、東京五輪を目指す矢澤さんは「村の子どもたちをはじめ、青森県の皆さんにカヌーの楽しさを伝えたい」と意気込んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)