戴さん(右)からタピオカミルクティーの作り方を教わる参加者

 青森県平川市は12日、友好交流協定を結ぶ台湾・台中市との文化交流を深めようと、市役所尾上総合支所で台湾出身の講師を招いた料理講座を始めた。参加者は会話に花を咲かせながら、台湾の食を楽しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)