青森県内で運転免許を自主返納するドライバーが増えている。県警によると、2014~18年の5年間で1575人から3766人と約2.4倍に急増。このうち65歳以上の高齢者が占める割合は、14年が88.7%(返納者1397人)だったのに対し、18年は94.9%(同3575人)と年々高まっている。県警は、返納者の生活支援事業の拡充を図り、事故抑止につなげていく考えだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。