時折雨が強く降る中、疾走する馬上から的を狙う騎馬武者

 弘前藩4代藩主・津軽信政公がまつられている高照神社(青森県弘前市高岡)の馬場跡で16日、流鏑馬(やぶさめ)が披露された。この馬場は江戸時代に神事などで使用されていたとされ、約600人の観客は、弘前藩の歴史に思いをはせながら騎馬武者の勇壮な姿に見入っていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)