チリ戦でゴールを決め喜ぶ鈴木(左から2人目)ら日本の選手たち=広島広域公園第二球技場

 ホッケーのFIH・シリーズ・ファイナル女子8カ国国際大会第2日は16日、広島市の広島広域公園第二球技場で1次リーグが行われ、B組で世界ランキング14位の日本は同16位のチリに1―3で敗れ、通算1勝1敗となった。18日の1次リーグ最終戦で同29位のメキシコと対戦する。

 日本は主導権を握りながらPSなど再三の好機を生かせなかった。0―1の第3クオーターにPCから鈴木(山梨学院大)が決めて追い付いたものの、最終第4クオーターに2失点した。

(共同通信社)