明大―東農大北海道オホーツク 8回、明大・喜多が2点本塁打を放つ=神宮

 全日本大学野球選手権第5日は16日、神宮球場で準決勝2試合が行われ、明大(東京六大学)仏教大(京滋)が17日の決勝に進んだ。明大は1981年以来38年ぶり6度目、仏教大は初の優勝を目指す。

 明大は同点の八回に喜多の2点本塁打などで4点を挙げ、5―1で東農大北海道オホーツク(北海道)を下した。仏教大は1点を追う六回に3点を奪って逆転し、6―4で東海大(首都)を破って初の決勝進出。

(共同通信社)