目当ての鹿児島県さつま町名産のカボチャを買い求める来場者

 青森県鶴田町の道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」で15日、「18周年記念 鹿児島県さつま町フェア&全国道の駅フェア」が始まった。鶴田町と友好交流協定を結んでいるさつま町のカボチャやさつま揚げのほか、県内外の道の駅など25団体が自慢の商品を販売、多くの来場者でにぎわった。16日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。