どさんこ馬との触れ合いを楽しんだ子どもたち=3月、大間ターミナル
イベントに花を添えた津軽海峡海鳴り太鼓=函館ターミナル(津軽海峡フェリー提供)

 大間―函館航路「大函丸」を運航する津軽海峡フェリー(本社・函館市)は、北海道新幹線開業1周年を機に、対岸同士で魅力をPRし合い、交流を深める取り組みに乗り出した。下北の企業や団体が函館に、函館の企業は大間に出向き、地元をアピール。同社は観光客らの反応に手応えを感じており、今後も交流イベントを企画したい―としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)