講師らの笛の音に合わせ太鼓の練習に励む子どもたち
威勢のいい掛け声で鉦を鳴らす参加者たち

 青森ねぶた祭に、青森市PTA連合会(外崎浩司会長)の囃子(はやし)方として参加する子どもたちの合同練習が13日、同市のねぶたの家ワ・ラッセで始まった。祭開幕まで2カ月を切り、子どもたちは熱の入った稽古を繰り広げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。