七戸町立城南小学校図書館棟(1965年竣工、東京大学吉武研究室、長澤悟撮影)

 「子どものための建築と空間展」(東奥日報社などでつくる実行委員会主催)が7月27日から、青森市の県立美術館で開かれる。明治時代から現代までの小学校校舎を中心に、子どもたちの学びや遊びの場として作られた先駆的かつ独創的な建築と空間を紹介。県内の3施設を含む約70施設を取り上げ、写真や設計図、模型などを展示する。

 同展は、東京都のパナソニック汐留美術館との共同企画。同館で3月に終了した展示に「青森らしさ」を加えた内容となる。県内の施設は、円形校舎が親しまれた「むつ市立大湊小学校」(1959年竣工(しゅんこう)、98年解体)、東京大学吉武研究室が設計した「七戸町立城南小学校」(65年竣工、86年解体)、75年に建築家・故菊竹清訓氏が設計し、現在も使われている「黒石ほるぷ子ども館」を紹介する。

 このほか、大正時代に八戸市出身の教育者・羽仁もと子夫妻が創設し、国重要文化財に指定されている「自由学園明日館」(東京都)の模型や昭和初期の映像資料、弘前市出身の編集者・加藤謙一が編集長を務めた雑誌「少年倶楽部」の大型ペーパークラフト付録なども展示。子どもたちが知育玩具などで自由に遊べるコーナーも設ける。

 13日、県庁で会見した県立美術館の杉本康雄館長は「明治から現代までの教育現場の歴史を見てほしい。夏休み期間なので、子どもたちにもたくさん来てもらえれば」と話した。

 同展は9月8日まで。観覧料は一般1500円(前売り1300円)、高校・大学生千円(同800円)、中学生以下無料。

 問い合わせは県立美術館(電話017-783-3000)へ。